スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

● また太る場合

ダイエットは、食べるものを減らして摂取カロリーを減らす、
体をよく動かして消費カロリーを増やす、
この2つによって、体にたまった脂肪を減らしていきます。
目標が達せられたからといって、食事を以前と同じ内容に戻したり、
運動をしなくなれば、また体に少しずつ脂肪が蓄積していきます。
結局、生活習慣を変えきることができないと、
体型も変えられません。

<AMPキナーゼ>
体全体、特に筋肉を動かす運動は血糖値を下げます。運動で筋肉に糖が取り込まれて
血糖が下がります。インスリンによって筋肉に糖が取り込まれ、血糖値が維持されており、
糖尿病になるとインスリンによる糖の取り込みが落ちて血糖値が高くなります。

インスリンによる糖の取り込みと運動による糖の取り込みは別の経路で行われることが
知られています。つまり、インスリンの働きが低下して筋肉に糖が取り込まれにくくなり、
血糖値が高くなった糖尿病の人でも、運動で血糖値は下がります。

詳しく言いますと、筋肉にある 「AMPキナーゼ」 という酵素が運動によって活発に働き、
インスリンとは独立して、筋肉に糖を取り込みます。
体全体を動かす運動 (有酸素運動) をしっかりすると、1時間後に血糖値が下がるのは
AMPキナーゼの働きによるものです。

短時間の有酸素運動でAMPキナーゼの働きが活発になり血糖値が下がるのは、
糖尿病の状態 (病態) を良くすることにつながるのでしょうか。
現在、まだこのことは明らかになっていません。しかし、有酸素運動をしっかり1時間、
2日に1回程度続けると、インスリンが働かない状態 (インスリン抵抗性) が改善し、
糖尿病が良くなり、悪くなるのを防いでくれます。

また、運動によって、予備軍の人 (IGTの人) が糖尿病に進むのを予防できることも
明らかになっています。つまり、習慣になった運動が糖尿病になるのを防ぎ、
糖尿病の状態 (病態) を改善します。
運動を習慣にすることで、常にAMPキナーゼが活発に働くようになるのかどうかは
明らかにされていませんが、足りないインスリンを運動が補い、糖尿病を良くすると言えそうです。

最近、運動をするとAMPキナーゼが活発に働き、筋肉に糖を取り込む役割を持っていることが
明らかになっただけでなく、糖尿病の状態 (病態) に強くかかわっていることがわかってきました。
脂肪細胞から分泌される 「アディポサイトカイン」 の中には糖と脂質の代謝を調節し、その異常が
糖尿病になりやすいことと関係しているものがあります。その一つが 「アディポネクチン」 です。

アディポネクチンは肝臓と筋肉のAMPキナーゼを活発に働かせます。
そのため、肝臓で中性脂肪が酸化 (分解) され、筋肉に糖が取り込まれます。
中性脂肪が分解されますから、肝臓で脂肪がたまらなくなり、その結果、
インスリンがよく働くようになります。

また、AMPキナーゼは中枢神経系にもあり、食欲とエネルギー消費を調節していることも
明らかになっています。ですから、この酵素は糖と脂質の代謝や食欲とエネルギー消費の
バランスをとることで、糖尿病、肥満、メタボリックシンドロームの状態 (病態) にかかわっています。
もちろんAMPキナーゼを働かすアディポネクチンも。

加齢と友に、肥満もないのにインスリン抵抗性が高まるのは、
細胞内でエネルギーを作り出す『ミトコンドリア』の活性が落ちるからだという発表がありました。
また、身体の活動(運動)が筋肉細胞のミトコンドリアの量を増やすことが明らかになっています。
AMPキナーゼという、ミトコンドリアを増やすカギを握る酵素の活性を、運動が高めるのだそうです。

<高血糖をふせぐにはどのような運動をすればいいの?>
糖や脂肪を消費する有酸素運動は、1時間のウォーキングやスロージョギングが効果的です。しかし、
1回の運動時間というのは、3分間という短時間でも効果があることがわかってきています。研究で
は、3分間の自転車こぎを1日に10回行ったとき、翌日の中性脂肪値を抑えることができることが明
らかにされているのです。そこで短時間の効果について調べてみると、運動すると、筋肉の中にいるイ
ンスリンに匹敵する血糖降下物質が活性化することが最新の研究でわかってきました。
血糖降下物質の名前は、AMPキナーゼと呼ばれているタンパク質の酵素です。筋肉の中に存在する物
質で、筋肉の収縮を行うと活性化!AMPキナーゼは、糖や脂肪をエネルギーに変換したり、インスリ
ンとは別に血液中の糖を取り込む働きをしているスゴイ物質だったのです。
AMPキナーゼを活性化するためには、軽い筋肉の刺激によっても効果があると考えられています。運
動の趣味がない方でも、会社までの歩きや階段の上り下りなど、日常で普段使っていない「ちょこまか
動き」で、筋肉の刺激を積み重ねてAMPキナーゼを活性化させてみましょう!

2010/05/18(火) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(1)

«  |  HOME  |  »

けちゃ(インスリン抵抗性)

『』

記事、勉強になりました。
運動、とても重要ですね。
毎日運動をするのはなかなか大変ですが、楽しんで続けられるものを見つけるのが長続きするコツですね。

2010/07/03(土) 15:12:03 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。