スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

● 水のガブ飲み

スポーツドリンクは浸透圧が考えられているので、
ガブ飲みしても胃にもたれません。
しかし、水はガブ飲みをすると胃にたまり、
人によっては苦しい思いをします。
運動中や発汗の多い夏、そしてダイット目的で
水を飲むことは多いと思います。
しかし水(お茶)のガブ飲みには、
ちょっとだけ気を遣ってください。

※今日は東京でポテンシャルの勉強会です。
 今日も一日いい日でありますように~

2009/07/27(月) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

nao

『』

水のがぶ飲みはお茶とちがうの?お茶も大抵がぶ飲みをしていてあかんな~と思うことしばしばなんだけど。
水は浸透圧がどうの・・ってどうちがうの?

2009/07/27(月) 07:39:51 | URL | [ 編集]

いずのっち

『』

細胞内の溶液と浸透圧が等しい食塩水を生理食塩水と呼び、ヒトの場合その重量パーセント濃度は約 0.9% です。また生理食塩水にカリウムなどを入れ人間の体液に近づけた液をリンゲル液と呼びます。

水道水などで目を洗う際にしみて痛くなるのは、この浸透圧の作用によります。濃度が0の真水や水道水に比べて眼球の細胞内の溶液の浸透圧が高いため、外側の水分子が細胞内へ移動して細胞が膨張し、その時に痛みを伴います。そのため目薬などの点眼薬は、浸透圧を生理食塩水に合わせ、目にしみないように作られています。

このように水は細胞内に吸収されやすいので、浸透圧の調整されているスポーツドリンクは安心ですね。

2009/07/27(月) 09:17:45 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。